ミライのおもちゃ箱

プログラミング・VR・ドローンとか

Windows10でドローンの設定をBetaflightでしようとしたときに仮想のポートを設定してDFUモードとCOM3を両立する方法

こちらの記事を書いた直後に解決策にたどり着いたので、ちゃんと書きます笑

www.valuestock.info

 

解決策はこちらの記事で紹介されてるYouTube動画をみて、わかりました。

www.nkozawa.com

 

そのYouTube動画はこちらです。助かりますね・・・!

 

手順はこちらです。あくまでもWindows10で生じた問題への対処法であることをご承知おきください。

  • ZadigでフライトコントローラをwinUSBに入れ替える※1
  • STM USB VCPドライバをダウンロードして、インストールしておく※2
  • デバイスマネージャーでフライトコントローラを探し、右クリックする※3
  • 「ドライバー」タブの「ドライバーの更新」を選択する
  • 「コンピュータを参照してドライバーソフトウェアを検索」を選択する
  • 「コンピュータ上の利用可能なドライバー一覧から選択します」を選択する
  • 「STMicroelectronics Virtual COM Port」を選択する※4

 

※1:Zadigでの手順は以下の記事を参考にしてください。

www.valuestock.info

 

※2:Betaflightを起動した画面(下の画像に赤で示すところ)からダウンロードページに飛べます。

f:id:sayadoki:20190309233451p:plain

 

念のため、ダウンロードページへのリンクも貼っておきます。

www.st.com

 

※3:Zadigしたあとだとユニバーサル シリアル バス デバイスにあるはずです。

f:id:sayadoki:20190310005953p:plain

 

※4:STM USB VCPドライバのインストールに成功していれば、下の画像のように選択肢として表示されるはずです。

f:id:sayadoki:20190310010501p:plain

 

以上の設定を終えれば、Windows10でDFUモードとCOM3の接続が両立しなかった場合でも、両立させられるようになりました。成功すると、デバイスマネージャーで以下のような表記となりました。

f:id:sayadoki:20190310010505p:plain

 

少しでもお役に立てたら幸いです。